社畜を なめるなよ!! +α

ゴールなんてない 世の中のイマをノリと瞬発力で生き抜くためのブログ

【就活】 面接対策!聞かれる内容と対策①

こんばんは。

就活マイスター、こうひです。

今日は誰もが通る、就活の鬼門、

面接の内容について内容と簡単にできる対策をお教えしたいと思います。

ぶっちゃけ僕、面接得意なんですよね(バアアアアアアン!!)

なのですが、周りでは面接で苦労している人の多いこと。

そこで、少しでも多くの方に希望の企業に合格していただけるように、お手伝いできたらなと思い立ったわけです。

f:id:kou-hi000:20170927021405j:plain

面接って何を聞かれるの

 早速ですが、そもそも面接で何を聞かれるのか。

何度も面接をこなしてきた歴戦の勇士達には、僕から教えられることなんてないので読み飛ばしていただいてOKです。

一応最後のまとめだけチラ見しておいてね。

僕は学生の時と、転職活動中、合計30社以上の面接を受けました。

(意外と少ない!?)

今回は僕が実際受けた質問の中から、特に多かったものと、

知人のリクルート担当者3名の意見の元、対策を紹介したいと思います。

 

この項目が気になる人っていうのは、

まだほとんど就活してないのに、何故か第一志望の選考が進んじゃってる人。

そして、全く何もやっていないけど、来たる面接を想像して怯えてる人ですよね?

僕は後者でした。

 

初めから知ってりゃ怖いもんなんてない!!

てことで早速!!

  • 志望動機は何ですか?
  • 自己紹介してください。
  • 自分の性格を簡単に説明してください。
  • 学生時代に取り組んだことは?
  • 学生時代に辛かったことは?
  • 友達は多いですか?
  • 自分の嫌なところを教えてください。
  • 部活はやっていましたか?
  • 今までで最も楽しかったことを教えてください。
  • 今までで最も頑張ったことを教えてください。
  • アベノミクスについてどう思いますか?
  • 築地移設についてどう思いますか?
  • どんな仕事がしたいですか?
  • 残業についてどう思いますか?
  • 何故当社の選考に参加しようと思いましたか?
  • 第一志望ですか?
  • 最後に何か質問はありませんか?

 

ザックリなんですけど、

よく聞かれるのは上のような内容です。

言っちゃえば、こんなもんなんです。

頭の回転早いタイプの人ならその場で答えられるくらいの内容です。

 

分類すると、

  1. 自己紹介系
  2. うちの会社のことちゃんと調べてきたの?系
  3. 社会のこと知ってるの?系
  4. トラップ系
  5. 逆質問系

こんなとこですね。

ただし、新卒の場合は自己紹介系が大半です。

トラップ系とかは対策の仕方があるので、それはまた今度書きます。

 

なんて答えたらいいの?

別に難しく考えずに、素直に答えればいいんです。

ただし、上記5つの系統の中で、事前準備が必須のものがあります。

 

ズバリ、1番!自己紹介系!!

 

これね、いきなり聞かれます。

「では簡単に自己紹介してください」って。

めちゃめちゃ緊張して、どこに手を置いていいかもわからない段階で、

それはもう、すさまじい勢いで聞いてきます。

こっちはガッチガチでもお構いなしです。

これの対策は一つ。

内容を紙に書いて、ひたすら繰り返し暗記しましょう。

容量は3分程度で十分です。

長すぎると要領の悪い印象を与えてしまうので注意しましょう。

ポイント

ここで試されるのは、

・社会人としての最低限の応対や言葉遣いができるか

・性格や印象

などです。

つまり、これさえアピールできれば、内容なんて適当でいいんです。

以下に簡単な例文をのせます。

 

「初めまして。

●●大学●●学部●●学科、〈名前〉です。

本日はお忙しい中、お時間をいただき、ありがとうございます。

 

(心臓バックバクの場合は)申し訳ありません。正直申しまして、大変緊張しております。

至らない部分もあるかもしれませんが、今日は私のやる気と性格的な部分を少しでも知っていただけるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また、この貴重な機会を通じてより御社のことを知りたいとも思っております。

簡単ですが以上です。

よろしくおねがいします!」

 

こんな感じです。

これ、実際に僕が使うやつを標準っぽく直したものです。恥ずかしいですね(笑)

でも、簡単でしょ?

 

内容よりも、

・大きな声で

・ハキハキと

・気持ちゆっくり目で

・笑顔で

こっちのほうが重要なんです。実は。

面接で落とされる方はこれができていないことが多いです。

自分に酔い知れるように話せると一番ですね。

それから、笑顔のコツですが、

句読点ごとに、発音しない「い」を入れるといいですよ!(マル秘テク!!)

意外とこれだけで印象よくなります。

 

できれば、軽く笑いを一発取れたらこっちのもんです。

 

今回のまとめ

どうでしたか?

少しは面接への不安が減りましたか?

 

まだまだですよね(笑)

 

今回は自己紹介の内容を例文を交えて紹介しました。

ポイントも参考にしていただけると嬉しいです。

 

次回は今回説明できなかった部分を紹介できたらと思います。

 

では今日はここまで。

 

 

 

 

蛇足(読まなくてもいいよ)

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する (中経出版)

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する (中経出版)

 

 これ読んだんですけど、なかなか参考になりました。

ぶっちゃけ、採用者も人間なので、まずは相手の気持ちを知りましょう。

それから、素直が一番です。これについてはまたくわしく書きます。

ほんとに大事なことなので。